よくある質問

他の学校とどこが違いますか?
本校は普通科と体育科が併設されています。体育科の生徒が核になって部活動は活性化し、県総合体生大会には、毎年県下最多の選手を送り出しています。全国大会にも、運動部だけでなく文化部も出場しています。この全国水準の部活動で培われた人間性が学校全体の校風を醸し出しています。また、さらに本校は高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクトの活用コアスクールに指定され、「伸びる学校」として県内の国公立大学はもちろん、難関大学への進学も実現しています。この明るく爽やかな校風こそ、妥協せず全力で努力する、極めることの道は一つであるという、勉強と部活動を一体とした『文武一道』を実現しているのです。
どんな施設がありますか?
第1・「第2体育館」、格技場、トレーニングルーム、「廉志館(せみなーはうす)」、「全天候型陸上競技用トラック」等体育科を持つ学校ならではの施設があります。
普通教室・特別教室に空調機器が設置され、全ての授業が快適に受けられます。
また、2つの情報教室には合計80台のパソコンがあります。
施設紹介はこちら
図書館はありますか?本はたくさんありますか?
図書館は、大変きれいで明るい雰囲気です。この地区一番の広さを誇り、蔵書数約27,000冊、きれいで新しい本がたくさんあります。高台に立つ旭の中でも上層階にあって、神辺平野を一望できる眺めも素晴らしい、気持ちのよい図書館です。
図書館紹介はこちら
体育科はどんな勉強をしますか?
教室では基本的に普通科文型と同じ教科・科目等の学習を行いますが、それに加えて体育の専門科目を教室や体育館、グランドで多く学びます。専門科目にはスポーツⅠ(陸上競技・機械運動)、スポーツⅡ(バレーボール・サッカーなどの球技)、スポーツⅢ(剣道など)、スポーツⅣ(創作ダンス・フォークダンスなど)、スポーツⅤ(キャンプ・スキー・スケートなどの野外活動)、専攻スポーツ、スポーツ概論・スポーツ総合演習(体育・スポーツに関する専門的な理論及び卒業レポートの作成)などがあります。
普通科に比べれば体育の専門種目の授業がある分、国語や数学や英語といった「普通科目」の学習時間は少なくなっています。しかし、体育科からも大学入試センター試験を受験して国公立大学への進学を目指す生徒は何人もいます。そうした生徒の進路を実現させるため、本校体育科の教育課程は大学入試センター試験に対応できるように工夫されています。
教育課程についてはこちら